ホームページ制作会社からはどんなコンサルティングを受けられるのか?

今まではブログサービスやSNSのみで情報を提供していたけれど、オリジナルのホームページを制作して、ホームページ上で情報発信をしたというニーズをお持ちの方は多いかと思います。

そうした時、相談相手としたいのがホームページ制作会社ですが、昨今のホームページ制作会社はホームページを作って終わりではなく、運営面でコンサルティング的な側面が求められているのです。では、ホームページ制作はどのような内容をコンサルティングしてくれるのでしょうか?

ホームページ制作会社によるコンサルティングで期待できること

ホームページの制作を制作会社に依頼し、ホームページが完成してひと安心……しかしホームページは毎日運用していかなければなりません。例えば事業に関する問い合わせや引き合いに対して対応するだけではなく、最新情報を追加・更新していく必要もあります。

物販やサービス提供のためのWebサイトであれば商品のアップも必要ですし、忙しすぎて担当スタッフだけでは手が回らないという事態は避けたいものです。なぜなら問い合わせが放置された状態になったり、情報更新を後回しにしていると、ホームページだけでなく企業そのものに対する信用度を失いかねないからです。

ホームページ運用に不慣れな社員を担当者に据えるなら、プロのコンサルティングを受けるというのも一つの解決策です。コンサルティングが可能なホームページ制作会社なら、更新以外にもSEOや広告の利用によるホームページへのアクセス数を上げるための対策、ホームページ訪問者のためのユーザビリティの検証など、より多くの人が見てくれ、利用しやすいホームページになるよう運営してくれることが期待できます。

クライアントが求めていることを、相手が理解しているかを確認しよう

ホームページ制作会社にコンサルティングを依頼する際に気をつけたいのが、クライアントであるこちらの意図を、きちんと理解してくれるかどうかチェックすることです。

業種によってホームページに求めるものは異なりますが、ホームページによって何が改善され、どう売上に結びつけることができるのかをきちんとコンサルティングしてくれていないと、効果が感じられないまま、費用ばかりがかさむということになりかねません。

SEO(検索エンジン最適化)においても、検索エンジン側は検索順位を決定するアルゴリズムを頻繁に変更していますが、ホームページ制作会社はそうした情報にキャッチアップし、クライアントにコンサルティングしていく必要があります。
検索のより上位に掲載されるための対策も提案していくという、運営の姿勢も問われます。

例えば、現在SEOと同時に注目を集めているのが、コンテンツマーケティングと呼ばれるマーケティング手法です。これはホームページに掲載するコンテンツの質を上げ、上位掲載したいキーワードの検索結果を改善するという手法です。

正しいSEO対策は、より多くの人にあなたの会社の情報を届けることにつながるのです。ただ刻一刻と変わるこうしたSEO対策には、制作会社によっては別途料金を設定している場合もあります。更新作業にはWebサイトへの情報の追加だけでなく、他に何が含まれるか、どこまでコンサルティングが行われるかを契約前によく確認しておきましょう。

Webプロデューサーやディレクターは、役割を果たせそうか

ホームページ制作の依頼をすると、管理者であるWebディレクターか、その上に位置する立場で案件全体を統括するWebプロデューサーといった人達と、接する機会が多くなります。Webディレクター達のコンサルティング能力に不足があると、満足のいく内容のホームページが仕上がらないだけではなく、適切なホームページの運営をしてくれるかどうかも疑わしくなってしまいます。

例えばホームページのアクセス数を上げるために、インターネット広告を検討している会社は多いことでしょう。多種多様なインターネット広告が存在する今、どんな種類の広告があり、どの広告手法を採用するべきかを明示してくれたり、クリック数やコンバージョン率などの効果測定結果も知らせてくれることもコンサルティング業務の範囲となります。

ただ広告利用を営業してくるのではなく、「こうすればこれだけの効果が見込め、御社の事業にこれだけ貢献できる」というコンサルティング的なトークができるWebプロデューサーであれば、その後の運用も安心して任せられるでしょう。

Webプロデューサーはその効果を最大限にするために、情報を収集し、噛み砕いてクライアントに提案してくれる存在である必要があります。そうしたコンサルティングをホームページ制作会社に期待する際、誠実にまめに案件に取り組んでくれるかどうかといった、Webプロデューサー達の姿勢も見極めたいものです。

実績を見てホームページ制作会社のコンサルティングの能力を知ろう

ホームページ制作会社を選ぶにあたり、その会社が過去手がけた案件をチェックすることは大切なポイントです。たいていのホームページ制作会社は自身のホームページに制作実績を載せています。この制作実績を見ながら、その制作会社はどういった業種に強いかをチェックしてみましょう。

実際そのホームページ制作会社が作ったホームページをくまなく見てみることも必要ですし、可能であればホームページの公開前後に業績に変化があったか、などを制作会社に聞いてみてもいいかもしれません。もし業績が上がっていたら、そのホームページ制作会社のコンサルティング能力が高いという何よりのエビデンスにもなります。

しかしホームページは設置しただけで売上が上がるほど単純ではなく、日々運営していくことも重要なファクターです。ホームページの運営は漫然と行うのではなく、今後どのような結果を出していきたいのか?までを練り、目標を設定することが大切です。

そうした中長期的な展望を一緒に考えてくれ、そのためには何をすべきかまで設定してくれるのが、コンサルティングができるホームページ制作会社と言えるのです。

他社ホームページをチェックする時も、その会社がどういった展望を持っているかまで思いを馳せてみましょう。例えば旅館やホテルを中心に制作を行っているホームページ制作会社なら、どのような客層を相手に、どのようなおもてなしを提供しているのか、が少なからず見えるはず。

そうした客層が予約をしてくれるために、他社にはない強みがわかるようなホームページになっているか、キャンペーンなどコンバージョンにつながる工夫を打ち出しているかなど、様々な角度からホームページにチェックを入れてみてはいかがでしょうか。その結果、見えてくるホームページ制作会社のコンサルティング能力を、あなたの会社にもぜひ活かしてもらいましょう。

大阪の評判のホームページ制作会社7社

  • 社名株式会社エムハンド
  • URLhttp://www.m-hand.info/
  • 業務内容

    ウェブサイト事業(コンサルティング、制作、運営)、メディア事業(企画、制作、実施)など、企画提案から運用・プロモーションまでトータルにサポートしています。

  • 社名株式会社ユニオンネット
  • URLhttps://www.unionnet.jp/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用。ウェブ広告運営代行、ウェブコンサルティングもこなします。

  • 社名株式会社キューブ
  • URLhttp://cubecube.net/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用を中心にWEB事業部のサポートも行っています。サーバーホスティング、SNSとの活用が期待できるイメージギャラリーシステムも完備。

  • 社名株式会社ノイ
  • URLhttp://www.n-e-u.co.jp/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用をしています。WEB対策から広告などのプロモーションも行っています。

  • 社名株式会社オールマネージ
  • URLhttps://www.allmanage.co.jp/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用からランディングページ制作といったネット展開にも力を入れています。各種システム開発からアジア・インバウンド/アウトバンドビジネス支援など多岐に渡っています。

  • 社名大阪の株式会社エクストリンク
  • URLhttps://www.extlink.co.jp/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用。SEO対策も定評があります。

  • 社名

    ホームページ制作 大阪 「デザイン+成果」重視のアン

  • URLhttps://www.w-star.com/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用。他に各種コンテンツ・プロジェクト企画運営