なぜわが社のホームページは集客できないのか?その9つの理由を解説!

誰もがインターネットを使う時代となりました。総務省の調べによるインターネットの普及状況(28年版)は「83.0%」となっています。

企業がホームページを所有することは容易となっており、当たり前のこととなっています。情報発信ツールとして必須となっており、パソコンのみならずスマートフォンの普及も相まって、今後ますます欠かせないものになっていくことでしょう。

ホームページを利用して集客する重要性は大半の企業が理解していることであり、インターネットを利用した集客は収益、広告の面でとても重要な戦略となります。成功を収めている企業の多くがホームページを活用しています。しかしながら、ホームページを上手に活用できず、思うような集客ができていない企業も少なくありません。

「なぜわが社はホームページから集客できないのか?」

この言葉が胸に響く企業は多いのではないでしょうか?正しい知識と行動によってその悩みは解決します。まずはホームページから集客できない理由を一つずつ理解していきましょう。

ホームページから集客できない9つの理由

ホームページを作りっぱなしにしていませんか?|理由1

ホームページを作ることがゴールだと思っている企業が多くあります。制作し終えたことはゴールではなく、スタート地点に立ったにすぎないということを自覚してください。更新をしないホームページは訪問者に見向きもされず、無駄に時だけが過ぎ去っていきます。ホームページは会社と共に成長し、事業を継続したいる間はずっと付き合っていくものです。

キレイなだけで情報量が乏しくなっていませんか?|理由2

最近はデザイン性の高いサイトをよく見かけるようになりました。綺麗なサイトはそれだけで価値が高いことに間違いがありません。しかし、肝心なことを忘れてはいけません。ホームページは訪問者に情報を伝え、そしてその訪問者の一部を顧客に変える場所です。情報量が少ないほど、訪問者のリピートは減ります。見た目がキレイなだけというホームページではいけません。企業目線ではなく消費者目線になり考えましょう。

素人が作ったようなサイトは悪印象|理由3

企業の顔となるのがホームページです。「ホームページ・ビルダー」のようなホームページ作成ソフトで作成したような素人っぽく、安っぽいデザインでは訪問者の信頼は得られません。

むしろ不信感を持たせてしまう可能性も否めません。デザインが洗練されておらず、情報が多くてごちゃごちゃしているサイトも悪印象を与えることになります。バランスが上手に仕上がっているホームページは印象が良いものです。

ストレスを感じるほど重い作りになっていませんか?|理由4

逆にホームページを作りこんでしまうとどうなるでしょう?デザインやコンテンツを重視したいところですが、必要以上にやりすぎるとホームページに負荷がかかり、ページ表示などが重くなってしまうことがあります。重いサイトは訪問者にとって一番のストレスを感じるところです。「サイト表示が2秒遅いだけで直帰率は50%増加する」と言われているのがWeb世界です。サイト本門者にとってストレスフリーなホームページを心がけましょう。

お問い合わせの仕方が分かりにくくありませんか?|理由5

重いホームページと並んで訪問者がイライラするのが、問い合わせへの導線が悪いホームページです。企業にとって絶対にないがしろにできないコンテンツがこの「お問い合わせ」。訪問者とコンタクトが取れる場所です。そのお問合せのページまで辿りくまで、大変なケースがままあります。問い合わせページへのリンクは目立つ場所に掲載するのが必須となります。また、いただいたお問合せに対しては素早く丁寧にしっかり対応することも大事です。

業者に任せっきりとなっていませんか?|理由6

多くの企業にとって自社のホームページ制作を制作会社に依頼していることでしょう。自ずとホームページの管理・運用もその業者に任せることになりますが、すべてを任せているからNOタッチでは集客に繋がりません。自社のホームページを把握する必要性があります。「いま何が起こっているのか?」、「何が足りないのか?」など些細な違和感を感じ取ることにより、すぐに対処することが可能となります。

アクセス解析をないがしろにしていませんか?|理由7

ホームページを作成してから、もっとも重要なのがアクセス解析です。訪問者数やどのようなキーワードを検索して自社サイトを訪れたのか?滞在時間、どのページが人気などさまざまな情報を得ることができます。このデータを読み解くことは非常に重要であり、現状の問題点をすぐに洗い出すことができ、次のビジネスに展開できるのです。

SNSを活用しないままになっていませんか?|理由8

Facebook、 Twitter、InstagramなどのSNSは10代~20代の若い世代だけではなく、幅広い年齢層にまで利用が広がりを見せています。今後も確実にSNSの利用は増えていくでしょう。企業はこれにより、さまざまなユーザーとコミュニケーションを取ることが、一般的になってきました。SNSがホームページの窓口となることにより、集客にもつながります。もっとも重要視するポイントです。SNSを活用していないのは大きな問題となります。

インターネット集客の仕組みを学ばないまま時間が過ぎ去っていませんか?|理由9

インターンネット集客について知識がまったくないと、何が良くて何が悪いのかの判断が付きづらいです。とはいっても、専門家でない担当者がすべて一人で把握することは非常に困難かもしれません。最近はホームページ制作会社もサイト制作だけではなくトータル的にサポートしてくれるところもあります。自社だけで運用ができない場合はホームページ制作会社に相談することも検討してみてください。

まとめ

「なぜわが社ホームページから集客できないのか?」の9つの理由をについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

あなたの会社のホームページは企業の立派な顔となっているでしょうか?収益を上げる営業部門として機能を果たしているでしょうか?満足できるアクセスを得るために必要なことは実践しなければいけません

ホームページは存在しているだけでは、十分に役割を果たせていません。情報を求めている人がたどり着きやすい環境作り、アクセスしてきた人を満足させる作り、リピートを生むシステムの構築が必要です。他にも、Webマーケティング、WEB広告、SEO(検索エンジン対策)とやることは山積みです。

そのために、効率良くホームページで集客を行うために信頼できるホームページ制作会社を見つけることも重要です。二人三脚で協力していけるベストパートナーが見つかればとても心強いことでしょう。

大阪の評判のホームページ制作会社7社

  • 社名株式会社エムハンド
  • URLhttp://www.m-hand.info/
  • 業務内容

    ウェブサイト事業(コンサルティング、制作、運営)、メディア事業(企画、制作、実施)など、企画提案から運用・プロモーションまでトータルにサポートしています。

  • 社名株式会社ユニオンネット
  • URLhttps://www.unionnet.jp/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用。ウェブ広告運営代行、ウェブコンサルティングもこなします。

  • 社名株式会社キューブ
  • URLhttp://cubecube.net/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用を中心にWEB事業部のサポートも行っています。サーバーホスティング、SNSとの活用が期待できるイメージギャラリーシステムも完備。

  • 社名株式会社ノイ
  • URLhttp://www.n-e-u.co.jp/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用をしています。WEB対策から広告などのプロモーションも行っています。

  • 社名株式会社オールマネージ
  • URLhttps://www.allmanage.co.jp/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用からランディングページ制作といったネット展開にも力を入れています。各種システム開発からアジア・インバウンド/アウトバンドビジネス支援など多岐に渡っています。

  • 社名大阪の株式会社エクストリンク
  • URLhttps://www.extlink.co.jp/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用。SEO対策も定評があります。

  • 社名

    ホームページ制作 大阪 「デザイン+成果」重視のアン

  • URLhttps://www.w-star.com/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用。他に各種コンテンツ・プロジェクト企画運営