ホームページを無料ツールで制作する

ホームページ制作ですが、現在は便利な世の中になりました。制作会社に頼まなくても自分の手で作成することが可能です。有料のものから無料までさまざまなツールが存在します。
無料だから低クオリティと馬鹿にはできません。ホームページ制作会社に依頼して完成したサイトが無料ツールで作成したサイトと見分けがつかないこともあります。
無料ツールで高クオリティなホームページが作成できるのなら、費用をかけたくない場合の選択肢の一つとなるでしょう。
無料ツールと聞いてもピンとこないかもしれません。現在、日本で利用されているホームページを制作する無料ツールサービスにはこのようなものがあります。

聞いたことがあるサービスもあるのではないでしょうか。これは一部です。まだ他にも多くの無料でホームページを制作できるサービスがあります。
この無料ツールサービスですが、利用するメリットやデメリットがあります。次の項目でホームページを無料ツールで制作するメリットやデメリットについて、簡単になりますが紹介したいと思います。

ホームページを無料ツールで制作するメリット

1. 1円も使わずホームページ制作ができる

無料ツールでホームページを制作する最大のメリットは無料ということ。サーバー代、ドメイン、デザイン、画像、アイコンなどホームページ制作に必要なものがすべて無料。レスポンシブにも対応していて、スマホでの表示も自動で最適化されます。
初期費用も月額費用も無料。永遠にずっと無料なのでWEB費用のことを考える必要がありません。費用対効果として考えると抜群です。

2. 誰もが手軽な操作で簡単に作ることができる

本格的にホームページを制作するにはHTMLやCSSといった専門知識が必要になってきます。無料ツールで制作する際はそこまで難しい知識は必要ありません。極端な話、文字入力さえできればOKです。 プレビュー画面を見ながら感覚的な操作で作れます。有料ツールと比べても無料ツールは多くの人が使うため、機能が簡略化されている場合があり、それが使いやすさとなっています。

3. 思い立ったらすぐに修正や内容変更ができる

もし急にホームページの内容を変更したくなったら? 大事なお知らせなどはすぐにホームページに掲載したいものです。無料ツールでしたら、思い立った瞬間に行動に移せます。自分で管理している最大の強みであり、このフットワークの軽さは魅力でしょう。
これがホームページ制作会社の管理でしたら対応に時間がかかるケースもあります。緊急を要することなら非常に困ってしまいます。

ホームページを無料ツールで制作するデメリット

1. 広告表示、容量など制限が多い

いいこと尽くめに思われる無料ツールでのホームページ制作。しかしデメリットも多く存在します。機能制限に関しての問題がこれら。

URLを自由にできません。無料ツールで提供されているドメインを使用しなくてはいけません。企業でしたら独自ドメインを利用したいところです。
意図しない広告が強制的に表示されます。違和感のある広告は訪問者にかなりのマイナスイメージです。容量制限に引っ掛かることもあります。好きなだけ画像をUP出来ない可能性もあります。
ホームページの商用利用を不可にしている無料ツールもあります。アフィリエイトなど禁止にしているサービスが多いです。
これらの機能制限は有料版に申し込むことによって解除されます。これが意外と高くて驚くこともありますので注意が必要です。
あと、利用規約の急な変更やサイトの突然閉鎖は無料、有料と関係なく起こりうることです。こういったリスクも考えなくてはいけません。

2. オリジナリティーに欠けるホームページになりやすい

手軽に誰でもホームページを制作できるということは似たり寄ったりのデザインになりやすいです。企業にとっての顔であるホームページだけにそれは避けたいところですが…。
なぜこのようなことが起こるのか? それは無料版の自由度が低いために起こってしまう残念な結果。凝って作ろうとしても無料バージョンではデザインやテンプレートの数に制限がかかっていることがあります。
みんなが同じテンプレートを使ってしまったら、オリジナリティーに欠けてしまいます。こういった制限にフラストレーションが溜まる人もいるでしょう。最初は真面目にやっていたのに、機能制限に嫌気がさし、途中から投げやりになることもあります。

3. SEO(検索エンジン対策)に不利

ホームページというのは制作して終了ではありません。そこがスタート地点です。ここからずっと運営していかなければなりません。
制作したホームページにアクセスを集めるのに、SEO(検索エンジン対策)が必要になります。検索結果が上位に表示されることがとても重要です。
このSEO対策は非常に厄介で難しいのです。そもそも、無料ツールで制作されたホームページはSEOで不利になりやすいと言われています。
どんなに頑張って制作しても検索結果で上位に表示されなければまったく意味がありません。認知されないまま時が過ぎ去っていくだけではビジネスとして成立しないのです。

まとめ

企業にとってホームページはなくてはならないものとなりました。ホームページは名刺のようなものです。そのホームページがないということは名刺がないと同じようなものです。顧客にとってホームページは企業の信用度を図るものでもあります。

もしホームページを所有していない企業でしたら、早急に制作するべきです。このときに、予算をかけられないのでしたら、無料ツールを利用して制作するのもアリだと思います。
ただ、サイト完成まで時間がかかりすぎるのであれば、思い切ってホームページ制作会社に依頼した方がいろいろとはかどることでしょう。その時間を本業の方に費やす方がスマートかもしれません。

予算の兼ね合いもありますが、実績のあるホームページ制作会社が手掛けたホームページはワンランク上の出来栄えとなります。費用対効果として考えるなら、決して高くはないと思います。

ホームページを無料ツールで制作するメリットとデメリットについての内容でしたが、今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

大阪の評判のホームページ制作会社7社

  • 社名株式会社エムハンド
  • URLhttp://www.m-hand.info/
  • 業務内容

    ウェブサイト事業(コンサルティング、制作、運営)、メディア事業(企画、制作、実施)など、企画提案から運用・プロモーションまでトータルにサポートしています。

  • 社名株式会社ユニオンネット
  • URLhttps://www.unionnet.jp/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用。ウェブ広告運営代行、ウェブコンサルティングもこなします。

  • 社名株式会社キューブ
  • URLhttp://cubecube.net/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用を中心にWEB事業部のサポートも行っています。サーバーホスティング、SNSとの活用が期待できるイメージギャラリーシステムも完備。

  • 社名株式会社ノイ
  • URLhttp://www.n-e-u.co.jp/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用をしています。WEB対策から広告などのプロモーションも行っています。

  • 社名株式会社オールマネージ
  • URLhttps://www.allmanage.co.jp/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用からランディングページ制作といったネット展開にも力を入れています。各種システム開発からアジア・インバウンド/アウトバンドビジネス支援など多岐に渡っています。

  • 社名大阪の株式会社エクストリンク
  • URLhttps://www.extlink.co.jp/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用。SEO対策も定評があります。

  • 社名

    ホームページ制作 大阪 「デザイン+成果」重視のアン

  • URLhttps://www.w-star.com/
  • 業務内容

    ホームページの企画・制作、運用。他に各種コンテンツ・プロジェクト企画運営